粒状HT吸着剤

製品概要

製品名/ 吸着剤カテナチオABL

カテナチオABLは優れた性能をもつ粒状ハイドロタルサイト吸着剤です。

本製品は早稲田大学、DOWAエコシステム(株)、弊社が共同開発した技術を応用した新しい吸着剤です。(2019年特許出願 )  

 

ABLr.png

図1 カテナチオABLの写真

         

LDHzoom.jpeg

図2 拡大写真

 

特徴

カテナチオABLは新しい製造法による吸着剤製品です。

造粒することなく粒状のハイドロタルサイト吸着剤を製造することができます。

粒状体は微細なハイドロタルサイトを多く含み、優れたアニオンの吸着性能をもちます。

開発製造法により経済的に製品製造が可能です。

 

用 途 

カテナチオABLはフッ素、六価セレン、ヒ素、六価クロム、ホウ素等、アニオン有害物質の吸着処理に使用します。

本製品は高い吸着性能と機械強度を併せ持つ吸着剤製品で水処理剤、ガス処理剤等の用途で使用します。

 

製品仕様

主成分:MgO、Al2O3(Cl 型ハイドロタルサイト)

粒径: 0.5 - 2.0mmなど

処理対象物質;フッ素セレン、六価クロム、ヒ素リンなど

 

有害物質処理メカニズム

本吸着剤は、特許技術により製造された粒状吸着剤で、微細なハイドロタルサイトを主成分とします。

カテナチオABLを構成するハイドロタルサイトは、結晶子サイズが20nm以下と微細な結晶となっており、表面積が大きく優れた吸着性能を示します。

処理対象である、フッ素、ヒ素、リンなどの陰イオン型有害物質はゲスト層に吸着されます。 

 

 ハイドロタルサイト化学式

  [Mg1-x Al(OH)2] [Clx・mH2O]  (ここにX=0.20~0.33)

 

※  化学式 [Mg1-x Al(OH)2は、Mg、Alの複水酸化物からできているホスト層を示しています。

  一方、 化学式 [Clx・mH2O] は、陰イオンと水から構成されるゲスト層を示しています。

 フッ素、ヒ素などの陰イオンは塩素( Cl )と入れ替わって、ゲスト層に吸着されます。

  

hydrostructure.png 

図3 ハイドロタルサイトの構造図

 

性能評価例

図4、図5にカテナチオABLの吸着性能評価例を示します。

図4ではフッ素、ヒ素、セレンなど各種アニオン有害物質に対して優れた吸着性能を確認することができます。

 

図5は、カテナチオABLを用いたフッ素のカラム試験結果です。

フッ素の高い吸着性能と、水処理剤としての適用性を確認することができました。

 

 

ABLad.jpg

 

図4 吸着等温線図

 

 

flowtest.png

Ftestgraph.png

 

図5 フッ素カラム試験評価例(SV=10/hr)

 

納入実績

本製品は、公共事業におけるヒ素、セレン、カドミウム汚染土処理用の吸着剤として複数の納入実績があります。